ランキング

主な機関によるSmith Schoolのランキングをご紹介します。各媒体により算出基準はそれぞれ異なりますので、参考程度にしていただければと思います。当校は特に環境面においてランキングを超えた魅力があり、多くの卒業生・在校生がいわゆるランキング上位校のオファーを辞退してSmith Schoolを選択しています。

 

Businessweek (Bloomberg) 2017No. 40 in the US

 

Financial Times 2016: No.22 in the US, No.51 in the world

 

US News Best Business Schools 2018: No. 47 in the US

 

Forbes Best Business Schools 2017: No. 46 in the US

Economist "Which MBA?" 2016: No. 32 in the US, No.47 in the world, Faculty quality No.1
 

 

出願スケジュール

例年、出願の1stラウンドは10/1頃で、そこから約1ヶ月毎に計6ラウンドの締切が設定されていますが、スケジュールは毎年変更されるため、詳細については、当校HPにてご確認ください。

 

テストスコア

留学生が提出を求められるEnglish Test ScoreのOfficial RequirementはTOEFL100点以上、またはIELTS7.0点以上です。さらにTOEFLはセクション毎にReading26/Listening24/Writing24/Speaking22を、IELTSはReading7.0/Listening7.0/Writing7.0/Speaking6.5を要求しています。しかしながら、実際には上記の条件を満たせずともGMATやエッセイ、インタビュー等のリカバリーにより合格した在校生も多数います。アプライに当たっては本条件を過度に気にする必要はないと思われます。なお、GMAT・GREについてはRequirementはありません。​

​インタビュー

インタビューはキャンパスビジットと同時に大学で受けるか、アドミッションが来日した際に日本で受けるのが主な方法ですが、Skypeで受けることもできます。質問項目は一般的な内容が大半ですが、虚を衝く質問が含まれる場合もあります。所要時間は30分程度、和やかな雰囲気で行われます。

 
 

日本人プロフィール